読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくれみの

上手く伝えられない想いの言語化

女性でいたい。わがままに。

f:id:kayocom1115:20170110225023j:plain

 

女性らしさって。

 

普通は、少女から大人になる最中で育まれるものなのかしら。

 

青春の中で、20代に入って、

 

お化粧したりブリッコしたり、

 

探求されていくのが普通の女性らしさかしら。

 

そうして名実共に女性になったら結婚が待っていて、

 

子供がもしできたら母親になって、

 

何となく強くなっていくものなのかしら。

 

私はどこかで順番が違っていたみたい。

 

いや、順番通りだったのかもしれないけれど、

 

どこかで厳しく女性であることを抑制したのかもしれない。

 

というのは整体の先生の言葉をお借りしているのだけれど。

 

きっとそうだ。

 

いつ、どこで、何のためだったかは忘れてしまったけれど、

 

私は自分が女性であることを、愛されるべき存在であることを強く厳しく封印したのだ。

 

でも遠回りして、やっと、女性になりたいと思うようになった。

 

自分が女性であると感じることができるようになった。

 

もう、痩せなくていいし。

 

髪も短く切らなくていいんだよ。

 

少しぐらいふっくらしてていいし、

 

髪も伸ばしてみたっていいと思う。

 

私という女性を探しに行けばいいと思う。

 

私の中にあるロマンチックを全開に。

 

何も我慢しなくていいんだ。

 

出したいだけ出せばいいんだ。

 

本当の私を思う存分に。

 

わがままに、女性でいればいい。